交通事故 自転車

自動車が自転車と事故を起こした場合の過失割合

自転車に乗っている人は動いている車にぶつけられた場合、

100%車の方が悪い!!

と思ってしまいがちですが、自転車も当然、道路交通法には従わなくてはなりません。

それでは以下のようなシチュエーションの時には過失割合はだいたいどれくらいになるのでしょうか?

事故ケース:信号のある交差点に、青信号で進入した車と、赤信号で進入した自転車が衝突してしまった!

自転車も当然、信号機には従わなくてはなりません。
自転車は道路交通法では軽車両に位置付けられており、「車の仲間」だからです。

それ故に、赤信号で交差点に侵入した自転車に大きな過失がある事になります。

他方、自動車も青信号であっても交差点を通過する際に、自転車が飛び出してくるかもしれないという危険予測をして、出来る限り安全に運転する事が義務付けられています。

それ故に、自動車保険会社の情報を調べると、
過失割合は80%が自転車、20%が自動車となるようです。

自動車よりも自転車の過失が大きくなるというのに驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

一方、自動車の側も自分に過失がないように思えるのに20%ぐらい責任を取らなければならないという事もわかりますね。

自転車に乗る方も、自動車を運転される方も交差点の侵入の際には危険予測をしながら気をつけたいものですね!