交通事故 死者数 推移

昭和45年から今年までの交通事故の死者数の推移を見てみると、
減少を続けています。

特に今年の8月は全国の交通事故の死者数が197人でした。

昨年278人交通事故で亡くなっていたので、
増減率は-29.1%となっています。

これは大幅な減少ですね!喜ばしい事です!

今年はコロナにより外出の機会が減った事も影響しているのかもしれませんね。

8月まで平均して交通事故による死者が23.5%減少しているので、
去年より少なくなることは確実のようです。

これから年末にかけて引き続き気をつけて運転したいものですね。

交通事故 夢

交通事故の夢には色々な意味が隠されているようです。

もちろん心理学的に言われていることが全ての人に当てはまるわけではありませんので、

交通事故の夢が暗示するものを過度に気にしすぎる必要はありません。

それでももしかしたら自分は何かに不安を感じているのかもしれないとか、

何か身の回りの人やモノを嫌だと思っている可能性はありますので

自分を見つめ直すキッカケになるかもしれませんね。

例えば誰かの交通事故を目撃する夢を見るかもしれません。

それは今の自分に間違った考えがあることを示していて、

それが原因でトラブルに巻き込まれるかもしれないそうです。

それで問題が起きた時は

「自分の中に間違った考えがないか?」

自問自答するのが良いかもしれませんね。

いつでも過信することなく、謙虚に生きたいものです( ^ω^ )

交通事故 死者数

日本全国で交通事故で亡くなられた方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

警視庁のWEBサイトに行くと統計表を見る事ができます。

それによれば2019年の全国の死亡事故件数は3,133件、

死者数は3,215人となっています。

2015年は4,117人と4,000人越えだったのですが、

2016年以降は年々減少して4,000人を切っています。

年齢別に見てみると65歳以上の高齢者の比率が55%ほどを占めています。

半数以上が高齢者だという事ですね。

特に歩行中の高齢者が事故によって亡くなられるケースが多いとの事です。

ですから道を横断しようとしている高齢者の方には特に注意をするようにしましょう。

私たちがみんなで交通事故の死者数を減らすために努力をしたいですね!

交通事故 原因

皆さんも交通事故には気をつけて運転していると思います。

それでは交通事故は主に何が原因で起きているのでしょうか??

原因をランキング順に並べてみました。

1.安全不確認

一時停止や減速はしたものの、左右確認などの安全確認が不十分で事故が起きているようです。

やはり右左右の確認は大切だという事ですね。

2.脇見運転

ながらスマホが問題視されている昨今ですが、前方を見ないでいる間に事故が起きるケースが多いようです。

他にもカーナビを操作したり、落ちたものを拾おうとしたりすると危ないですね。

運転する前にナビをセットしておくなど準備は入念にしておきたいものです。

3.動静不注視

歩行者などの動きをちゃんと注視していなかったために事故が起きているようです。

相手がこちらに気づいているはずだから大丈夫と思わずに、ちゃんと動きを確認しましょう。

4.漫然運転

運転に集中していないという状態ですね。

仕事で長時間運転していて疲れているとか、

深夜に運転しなければならない時には気をつけたいですね。

5.運転操作不適

ブレーキとアクセルの踏み間違えの問題はニュースなどでも取り上げられました。

油断や不注意で悲惨な事故を起こしてしまう事があります。

車は便利なものですが、ちゃんと責任感を持って安全には留意したいですね。


まとめ:

事故になりやすい原因がわかると、どうやって危険を回避したら良いのかわかります。

みんなで意識を改善して車社会の安全に貢献したいですね♫

交通事故 夢

皆さんは交通事故の夢を見た事がありますか?

私は見た事があります!交通事故の夢を見ると非常に目覚めが悪いです(T ^ T)

他にも交通事故の夢を見る方は大勢いらっしゃるみたいです。

調べてみたところ心理学的には交通事故の夢には暗示が含まれているとの事。

交通事故の夢は自分が今向かっている目的に障害が立ちはだかる暗示だそうです。ガーン( ;∀;)

特に車をぶつけちゃう夢を見た場合、

それは自分の目的に何らかの障害が立ちはだかる暗示なんだとか!!

自分の心に不安感とか焦りがあるからそういう夢を見ちゃうみたいなんですね。

だからもし交通事故を起こす夢を見てしまったのであれば、

その日の運転には特に気をつけるようにしたいですね〜( ^ω^ )